7月のつれづれ【7/26】

スポンサーリンク

7/26とうとう入院しました。22時40分です。眠いけど、眠れない。眠剤をもらうか悩み中です。

今日から絶食、明日は11時から絶飲、術後5時間後から水OK、8時間後から自分で動いてOKだそうです。

えーと午後からの手術なので、食べられるのは明後日の朝からです…なんだって!?

手術というやつはなかなか大変なのですね。終わったら売店まで歩いておやつ買うつもりでした。

手術のことを考えると怖くなりますね。やっぱり眠剤でしょうか。かんごふさーん。

7/20気づけば梅雨も明け、暑い日々ですね。世間はそろそろ夏休み、小学生が朝顔の鉢を抱えて帰っていました。なつぅ!

自分で手術を受けると決めて、紹介状を書いてもらって、手術の日取りが決まった。というのにも関わらず 心が落ち着かずにいました。

それから眼科での定期の視野検査も受け、持病の緑内障での結果がちょっとショックだったこともあり、ダブルで心がやられていました。

よく映画や小説で「病気を告げられて自暴自棄になる」なんてシーンがありますが、

めっっっっっっっっちゃ気持ちわかりました。

↑ガンでも難病でもないのになー。健康って当たり前に享受していて、有りがたく感じてないんですね。いざ減ってきて初めて焦るという…。

まだ正直向き合えてはいませんが、でもこの経験も誰かの参考になるかもしれないので、そのうちブログにまとめようと思います。

お年寄りの「体を大事に」発言が身にしみています。

ーーー

私の好きなマンガで「リトルフォレスト」(映画化もされました)というのがあって、“同じところをぐるぐる回っているようで実は螺旋階段”という言葉があります。

健康も、当たり前の毎日も大事にしたい。でもそう思ってもできなくて、また焦る。もういいやってヤケになる。でもやっぱり頑張ろうかな…と立ち上がり。

気づいてないだけで、振り替えれば一段上がっていた、を死ぬまで繰り返すのが毎日なのかな。

そう思うようになりました。

持病も手術も怖いけど、きっとなにか成長できるはず。腐らずに過ごします。

今日もご訪問ありがとうございます。頑張らなきゃばかり人生でしたが、時には後退もありなのかなと、最近は思うようになりました。

久々のブログは心が落ち着かず、文章もいつにもましてふわふわでごめんなさい。

7/6昨日、手術入院の予約をしてきました。術前検査もしたので時間とお金が飛んでゆく…!

こんなご時世なので入院前まで検温を毎日2回、PCR検査をする、面会・外出禁止…など、なかなかどうしようなことが多いのですが、これも経験ということでネタにしながら乗り越えようと思っています。いけるっしょ!

紹介状を持って市民病院に行ってきたわけですが、いろんな科があっていろんなお手伝いの方がいらして、いろんな病状の方がこられてるんですよね。

普段は風邪引いて内科にとか、目医者にとか、そのくらいで「体丈夫じゃないなあ」などと思っていたのです。

でも病院の壁に貼られているたくさんの病気の説明とか、「これはどういう時にくるんだろう」な多種多様な診療科を見ていると「私って全然健康なんだから、ありがたく生きないとなあ」と健康のありがたみをしみじみ感じました。

何の手術かっていうと、鼻の骨取るだけなので全く大したことありませんてへぺろ。

正確には鼻中隔湾曲矯正と右副鼻腔炎・鼻茸の治療・切除らしいです。病院から質問の電話が掛かってきてついでに聞きました。

医療保険適応らしいので、やめようか迷ってたけど入っててよかったですー。来年解約しようかなあ。

今日もご訪問ありがとうございます。入院のあれこれで日々を慌ただしく消化してしまいそうですが、一瞬でも感謝をしながら過ごしていきたいです。

ーーー

そういえば地下ラジで劇団の話が出てましたね!

最終的に10人いるのか…よく分かりませんが、どんな劇をされるのかとても楽しみです。

7/3年の後半ですね!今月はつれづれでお茶を濁さず、きちんとしたブログを書きたいのですが、はてどうなることやら…。

というのも今月は私の手術を控えています。

園児がいて家族友人がいない土地。妻が入院となると、夫が全てを任せられることになってしまいます。

しかも子どもは母にべったり。

うーーーん…それゆえ引き伸ばしてきたのですが、もうやっちゃおうと。

コロナ故の面会禁止や外出禁止など制限が多くて、ただでさえ不安な手術入院に追い討ちをかけられていますが、まあ、やるしかない。

私の経験は後日書こうと思いますので、コロナ中の入院の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました